シラバス参照

 
最終更新日:2021/03/30  

FE11022   化学基礎セミナー

1.0 単位, 1 年次, 秋AB木3
大好 孝幸, 笹森 貴裕

授業概要

興味のある化学分野について自主的に学習し、学習した内容を相互に発表し合うことで、化学に対する探究心を養う。

備考

化学類2クラス対象
対面

授業方法

演習

学位プログラム・コンピテンスとの関係

化学に関する広い視野を持ち、積極的に思考できる基礎を身につけ、化学に関する情報、研究成果などを発信するためのプレゼンテーション能力、コミュニケーション能力の習得を目指す。

授業の到達目標(学修成果)

本セミナーを通じて、化学に関係する様々な分野について理解を深める。同時に、自然科学と科学研究のおもしろさに触れながら、自分の興味のある化学分野を見きわめる。各自の興味に応じて化学分野の基礎的知識を増やし、自然科学の基本的な考え方を学ぶ。また、化学を専門として活躍する研究者の考え方について学ぶことで、化学と社会のつながりについて自発的に考察する。さらに、研究発表のまとめ方などプレゼンテーションの基礎について学ぶ。

キーワード

科学技術, 科学技術の基礎, 化学の考え方, 化学の基本原理, 化学と社会

授業計画

ガイダンスの他、外部講師による講義、各学生による研究発表(プレゼンテーション)を中心に進める。

第1回 ガイダンス
第2回 自己PRについて
第3回 プレゼンテーションのガイダンス
第4回 化学を基盤とした研究について(1)
第5回 化学を基盤とした研究について(2)
第6回 プレゼンテーション(1)
第7回 プレゼンテーション(2)
第8回 プレゼンテーション(3)
第9回 プレゼンテーション(4)
第10回 キャリアガイダンス

履修条件

化学類2クラス対象。

成績評価方法

授業参加への積極性とプレゼンテーションにおける発表内容(80%)およびレポート(20%)により判断する。

学修時間の割り当て及び授業外における学修方法

発表(プレゼンテーション)およびレポート課題に関連する事柄について、自主的に調べて学習すること。

教材・参考文献・配付資料等

随時配布する。

オフィスアワー等(連絡先含む)

特に定めない。必要な場合は担当教員に連絡を取ること。

大好孝幸:ohyoshi@chem.tsukuba.ac.jp
笹森貴裕:sasamori@chem.tsukuba.ac.jp

その他(受講生にのぞむことや受講上の注意点等)

論理的な思考法および表現法の習得。

他の授業科目との関連

ティーチングフェロー(TF)・ティーチングアシスタント(TA)