シラバス参照

 
最終更新日:2021/03/30  

FE12201   無機化学I

3.0 単位, 2 年次, 通年月2
二瓶 雅之

授業概要

無機化学の基礎として、元素と無機化合物の性質について解説する。特に,無機化合物の構造や結合、性質が元素のどのような性質に基づくものか、またエネルギー的にどのように理解できるかについて述べる。

備考

対面

授業方法

講義

学位プログラム・コンピテンスとの関係

「1.基礎科学の知識と理解力」、「2.無機・分析化学分野の知識と理解力、応用力」に関連する。

授業の到達目標(学修成果)

無機化合物の構造、化学的性質、物性に関する基礎的知識を習得できる。特に、無機化合物が示す様々な現象を、構成元素の性質と物質のエネルギーの観点から論理的に考え、説明できるようになる。

キーワード

固体の構造, 酸塩基反応, 酸化還元, 配位化合物, 周期性

授業計画

無機化合物の構造、化学的性質、物性を、構成元素の性質と物質のエネルギーの観点から系統的に論じる。

第1回 原子・分子の構造と結合(1)
第2回 原子・分子の構造と結合(2)
第3回 原子・分子の構造と結合(2)
第4回 原子・分子の構造と結合(3)
第5回 原子・分子の構造と結合(3)
第6回 原子・分子の構造と結合(4)
第7回 原子・分子の構造と結合(4)
第8回 原子・分子の構造と結合(5)
第9回 原子・分子の構造と結合(5)
第10回 固体の構造(1)
第11回 固体の構造(1)
第12回 固体の構造(2)
第13回 固体の構造(2)
第14回 固体の構造(3)
第15回 固体の構造(3)
第16回 固体の構造(4)
第17回 固体の構造(4)
第18回 固体の構造(5)
第19回 固体の構造(5)
第20回 酸と塩基(1)
第21回 酸と塩基(1)
第22回 酸と塩基(2)
第23回 酸と塩基(2)
第24回 酸と塩基(3)
第25回 酸と塩基(3)
第26回 酸と塩基(4)
第27回 酸と塩基(4)
第28回 酸と塩基(5)
第29回 酸と塩基(5)
第30回 酸化と還元(1)
第31回 酸化と還元(1)
第32回 酸化と還元(2)
第33回 酸化と還元(2)
第34回 酸化と還元(3)
第35回 酸化と還元(3)
第36回 酸化と還元(4)
第37回 酸化と還元(4)
第38回 酸化と還元(5)
第39回 酸化と還元(5)
第40回 配位化合物(1)
第41回 配位化合物(1)
第42回 配位化合物(2)
第43回 配位化合物(2)
第44回 配位化合物(3)
第45回 配位化合物(3)
第46回 配位化合物(4)
第47回 配位化合物(4)
第48回 配位化合物(5)
第49回 配位化合物(5)
第50回 元素の周期的性質(1)
第51回 元素の周期的性質(1)
第52回 元素の周期的性質(2)
第53回 元素の周期的性質(2)
第54回 元素の周期的性質(3)
第55回 元素の周期的性質(3)
第56回 元素の周期的性質(4)
第57回 元素の周期的性質(4)
第58回 元素の周期的性質(5)
第59回 元素の周期的性質(5)
第60回

履修条件

無し

成績評価方法

授業時の小テスト・課題レポート(20%)および期末試験(80%)から総合的に判断する。

学修時間の割り当て及び授業外における学修方法

指定する教科書を予め予習するとともに、講義内容について復習することで一連の講義の流れを理解する。

教材・参考文献・配付資料等

1. 無機化学(上)、(下)東京化学同人 https://www.tulips.tsukuba.ac.jp/search/?q=4807908987

オフィスアワー等(連絡先含む)

その他(受講生にのぞむことや受講上の注意点等)

基本的な論理的思考法を修得し、無機化学を体系的に理解することを望む。

他の授業科目との関連

ティーチングフェロー(TF)・ティーチングアシスタント(TA)

無し