シラバス参照

 
最終更新日:2021/03/30  

FE12351   物理化学2A

1.5 単位, 2 年次, 春ABC木2
松井 亨

授業概要

量子化学と分子分光学の基礎となる初歩的な量子論を学ぶ。並進運動,振動運動,回転運動について,シュレディンガー方程式を解き,その解である波動関数の性質を解説する。水素原子についての厳密解から,一般の多電子原子系の原子軌道の性質を導く。

備考

2019年度入学以前のうち、物理化学2B(FE12361)を履修済みの者のみ履修可。履修希望者は支援室へ申し出ること。
オンライン(オンデマンド型)

授業方法

講義

学位プログラム・コンピテンスとの関係

授業の到達目標(学修成果)

量子論の基本的な概念が理解できる。量子力学を用いた基礎的な計算が正しく実行できる。

キーワード

量子論, シュレディンガー方程式, 量子化, 不確定性原理, 並進運動, 振動運動, 回転運動

授業計画

アトキンス物理化学(上) 第10版 7章と8章を解説する。量子論の歴史、エネルギーの量子化、不確定性原理など量子論の概念を理解し、原子軌道や分子軌道の理解の基礎となる項目を学ぶ。

第1回 序論 (量子化学の歴史と本講義の概略)
第2回 量子論の導入(1)、量子力学の起源
第3回 量子論の導入(2)、ミクロな系の力学
第4回 量子論の導入(3)、量子論の原理1
第5回 量子論の導入(4)、量子論の原理2
第6回 問題演習 (アトキンス7章の問題)
第7回 運動の量子論(1)、並進運動
第8回 運動の量子論(2)、振動運動
第9回 運動の量子論(3)、トンネル現象
第10回 運動の量子論(4)、回転運動
第11回 問題演習 (アトキンス8章の問題)
第12回 水素型原子; 原子軌道の描画
第13回 近似の方法 (1) 変分法
第14回 近似の方法 (2) 摂動法
第15回 試験・最終レポートへ向けた問題演習と質問受け付け
第16回 学期末試験

履修条件

成績評価方法

レポート、期末試験

学修時間の割り当て及び授業外における学修方法

できるだけ多くの演習問題を解くこと。

教材・参考文献・配付資料等

1. アトキンス 物理化学(上) 第10版

オフィスアワー等(連絡先含む)

その他(受講生にのぞむことや受講上の注意点等)

予習と復習を必ず行うこと。

他の授業科目との関連

ティーチングフェロー(TF)・ティーチングアシスタント(TA)