シラバス参照

 
最終更新日:2021/03/30  

FE12361   物理化学2B

1.5 単位, 2 年次, 秋ABC木2
松井 亨

授業概要

化学結合を理解するために,原子価結合法と分子軌道法の基礎を学ぶ。等核2原子分子,異核二原子分子の分子軌道を解説し,多原子分子の電子状態について述べる。

備考

2019年度入学以前のうち、物理化学2A(FE12351)を履修済みの者のみ履修可。履修希望者は支援室へ申し出ること。
オンライン(オンデマンド型)

授業方法

講義

学位プログラム・コンピテンスとの関係

授業の到達目標(学修成果)

原子軌道と分子軌道の概念を数式を通して理解し、これらを化学の諸問題に適用できる。

キーワード

原子軌道, 分子軌道, 等核2原子分子, 異核2原子分子, ヒュッケル近似

授業計画

授業では、アトキンス物理化学(上)第10版の9章、10章の内容に沿って進める。

第1回 水素型原子(1)
第2回 水素型原子(2)
第3回 水素型原子の演習問題
第4回 原子軌道の描画; Mathermaticaの活用
第5回 多電子原子(1)
第6回 多電子原子(2)
第7回 原子スペクトル(1)
第8回 原子スペクトル(2)
第9回 多電子原子と原子スペクトルについての演習問題
第10回 分子構造(1)、原子価結合法
第11回 分子構造(2)、分子軌道法の原理
第12回 分子構造(3)、等核2原子分子
第13回 分子構造(4)、異核2原子分子
第14回 分子構造(5)、多原子分子、ヒュッケル近似
第15回 分子構造についての演習問題
第16回 学期末試験

教科書にある自習問題は、授業では扱わないこともあるが、各自必ず解答すること。自習問題はレポートとして毎回、提出すること。

履修条件

成績評価方法

レポート、期末試験

学修時間の割り当て及び授業外における学修方法

教科書の内容を予習し、自習問題は必ず解答すること。余裕があれば章末問題にも回答すること。

教材・参考文献・配付資料等

教科書はアトキンス物理化学(上)第10版を使用する。

1. アトキンス物理化学(上)第10版、東京化学同人2017

オフィスアワー等(連絡先含む)

その他(受講生にのぞむことや受講上の注意点等)

教科書を漫然と読んでも、何も理解できない。数式や数値の確認は、内容の理解には不可欠だから、必ず実行すること。

他の授業科目との関連

ティーチングフェロー(TF)・ティーチングアシスタント(TA)