シラバス参照

 
最終更新日:2021/03/30  

FE12611   有機化学II

3.0 単位, 2 年次, 通年火2
笹森 貴裕

授業概要

有機化合物の構造と反応性の関係を色々な化学結合の物理的要素,結合距離,結合角,結合エネルギーと関連させて論じる。芳香族性と芳香族化合物,芳香族化合物の反応,立体化学的諸問題,分子の立体配置,配座,光学異性,幾何異性,不斉合成反応,酸と塩基について講じる。

備考

「化学2」を履修していることが望ましい。
その他の実施形態
(秋ABC対面)

授業方法

講義

学位プログラム・コンピテンスとの関係

基礎化学の知識と理解力、有機化学分野の知識と理解力、応用力

授業の到達目標(学修成果)

有機構造化学や有機反応化学の基礎概念を学び、これらに基づいた反応機構の理解や推定ができる力をつける

キーワード

有機分子の性質と構造, 有機反応機構, 立体化学, 有機電子論

授業計画

有機化合物の構造と反応性の関係を、色々な化学結合の物理的要素,結合距離,結合角,結合エネルギーと関連させて論じる。芳香族性と芳香族化合物,芳香族化合物の反応,立体化学的諸問題,分子の立体配置,配座,光学異性,幾何異性,不斉合成反応,酸と塩基等について講じる。
教科書で対応する章の項目は以下のようになる。
(1) 立体化学
(2) 環状化合物
(3) 置換反応
(4) 脱離反応
(5) ラジカル反応
(6) ジエン類およびアリル化合物
(7) ペリ環状反応

第1回 立体化学1
立体配座と立体配置、構造異性体
第2回 立体化学2
立体異性体、鏡像異性体とジアステレオマー
第3回 立体化学3
多様な立体構造、分子不斉
第4回 立体化学4
分子の部分の間の立体関係と反応の選択性および特異性の基礎的理解
第5回 環状化合物1
環と歪み、シクロヘキサンの立体化学
第6回 環状化合物2
ビシクロ化合物、その他の多環式アルカン
第7回 置換反応1
SN2反応
第8回 置換反応2
SN1反応
第9回 置換反応3
置換反応に影響を与えるさまざまな因子
第10回 置換反応4
その他の複雑な求核置換反応
第11回 置換反応5
置換反応のまとめと問題演習
第12回 脱離反応1
E1反応
第13回 脱離反応2
E2反応
第14回 脱離反応3
脱離反応と求核置換反応の比較
第15回 脱離反応4
分子内脱離反応と機構
第16回 脱離反応5
脱離反応のまとめと問題演習
第17回 ラジカル反応1
ラジカルの生成と単純な反応
第18回 ラジカル反応2
ラジカルのアルケンへの付加反応
第19回 ラジカル反応3
光ハロゲン化、合成化学への応用
第20回 ラジカル反応4
ラジカル反応のまとめ、問題演習
第21回 ジエンおよびアリル化合物1
アレン類
第22回 ジエンおよびアリル化合物2
ジエン類、アリル化合物の付加反応
第23回 ジエンおよびアリル化合物3
共役ジエンとDiels-Alder反応の基礎
第24回 ジエンおよびアリル化合物4
まとめと問題演習
第25回 ペリ環状反応1
軌道の対称性が支配する反応の基礎
第26回 ペリ環状反応2
電子環状反応
第27回 ペリ環状反応3
付加環化反応
第28回 ペリ環状反応4
シグマトロピー
第29回 ペリ環状反応5
まとめと問題演習1
第30回 ペリ環状反応6
問題演習2

履修条件

有機化学の基礎的知識を有していること。

成績評価方法

A+~Cの評点はレポート(10%)、期末試験(90%)により決定する。

学修時間の割り当て及び授業外における学修方法

学習した概念や反応が次の項目を理解するために必須となるので、常に復習をして理解を深めておく

教材・参考文献・配付資料等

教科書:ジョーンズ有機化学(上、下、ジョーンズ著)東京化学同人を主として使用する

1. ジョーンズ有機化学(上、下、ジョーンズ著)東京化学同人

オフィスアワー等(連絡先含む)

メールによる連絡に対し、適宜対応する。

その他(受講生にのぞむことや受講上の注意点等)

基礎知識を学ぶと同時に、それぞれの概念の関係や論理的思考方法を身につけてほしい。

他の授業科目との関連

ティーチングフェロー(TF)・ティーチングアシスタント(TA)