シラバス参照

 
最終更新日:2021/03/30  

FE14081   無機化学III

1.0 単位, 3・4 年次, 春AB水2
石塚 智也

授業概要

本科目では,金属錯体の電子状態,構造,化学的・物理的性質,反応を理解するうえで必要な配位子場理論と機器分析法について解説する。

備考

対面

授業方法

講義

学位プログラム・コンピテンスとの関係

実際の錯体化学における実験を想定した機器分析手法を、原理に対する理解を含めて解説することで、無機化学分野の研究能力を培うことを目指す

授業の到達目標(学修成果)

金属錯体の性質を配位子場理論や機器分析により明らかにする手法について理解する

キーワード

錯体化学(Coordination Chemistry)

授業計画

(1) 単結晶X線構造解析
(2) 金属錯体の解離定数における熱力学パラメータの決定法
(3) 金属錯体の配位子置換反応における速度論的解析法
(4) 錯体の電気化学測定
(5) 配位子場理論の基礎
(6) 金属錯体の電子スペクトル

第1回 単結晶X線構造解析
第2回 単結晶X線構造解析
第3回 単結晶X線構造解析
第4回 金属錯体の解離定数における熱力学パラメータの決定法
第5回 金属錯体の配位子置換反応における速度論的解析法
第6回 錯体の電気化学測定
第7回 錯体の電気化学測定
第8回 配位子場理論の基礎
第9回 金属錯体の電子スペクトル
第10回 金属錯体の振動スペクトル

履修条件

成績評価方法

提出されたレポートを基に判定する

学修時間の割り当て及び授業外における学修方法

授業終了時に示す課題についてレポートを作成すること。

教材・参考文献・配付資料等

教材:金属錯体の機器分析(上) 三共出版
参考文献:金属錯体の機器分析(下)三共出版

オフィスアワー等(連絡先含む)

月曜日 16:00~18:00

石塚 智也  
1002515

その他(受講生にのぞむことや受講上の注意点等)

自分で考える習慣を身につけてほしい。

他の授業科目との関連

ティーチングフェロー(TF)・ティーチングアシスタント(TA)