シラバス参照

 
最終更新日:2021/03/30  

FE14091   無機・分析化学特論I

1.0 単位, 4 年次, 通年集中

授業概要

備考

開講する場合は後日掲示する

授業方法

講義

学位プログラム・コンピテンスとの関係

授業の到達目標(学修成果)

有機金属化学の基礎から、最先端の触媒的分子変換に至る講義を通じて、金属錯体の有用性・汎用性を理解する。

キーワード

有機金属化学, 分子変換, 触媒反応

授業計画

集中講義形式で行う。

第1回 分子触媒である有機遷移金属錯体について、歴史的背景を含む基礎的な内容から最新の分子変換反応に関して解説を行う。

履修条件

成績評価方法

学修時間の割り当て及び授業外における学修方法

教材・参考文献・配付資料等

オフィスアワー等(連絡先含む)

その他(受講生にのぞむことや受講上の注意点等)

他の授業科目との関連

ティーチングフェロー(TF)・ティーチングアシスタント(TA)